パールは女性の必需品です

真珠がふさわしいシーン
毎日のように身に着けるアイテムではありません。でも、様々なシーンで、「持ってて良かった」と感じられることでしょう。

●社会人デビュー

高校・大学の卒業や、就職の内定を頂いたときに、 社会人としてデビューされるお嬢さまのご活躍と幸せを願ってご両親やご祖父母さまから真珠のネックレスをプレゼント されることが多いです。 社会に出て、様々な行事への参加が増えてくると、お嬢さまから感謝されることでしょう。

●成人式

成人式を過ぎると、冠婚葬祭をはじめ、色々なフォーマルの席に参加することも多くなるので、真珠が活躍するシーンが増えていくことでしょう。 成人式のお祝いにも、真珠は最適です。
 

●晴れの席のお呼ばれに

ご友人の結婚式にお呼ばれしたり、 会社の行事やパーティーなどの晴れの席では、 上品で華やかな装いを演出してくれる真珠が とても良く似合います。イヤリングやピアス、指輪も順番に揃えておくと、 コーディネートの幅が広がりますね
 

●結婚が決まったときに

お母さまからお嬢さまへ、幸せを願ってお母さまが使っていた真珠をプレゼントされる方もいらっしゃいます。 「Something Four」のひとつ、「Something Old」にちなんだ素敵なプレゼントになりますよ。

★「Something Four:サムシングフォー」とは ★
『結婚式の日に、花嫁が4つの小物を身に着けていると、幸せになれる』
という、古くからヨーロッパで語り継がれているおまじない。
・Something Old(サムシングオールド):なにか古いもの
・Something New(サムシングニュー):なにか新しいもの
・Something Borrowed(サムシングボロウ):なにか借りたもの
・Something Blue(サムシングブルー):なにか青いもの

 

●お子様の晴れ舞台で

お子様が生まれ、幼稚園に入園するころから、 お子様の晴れ舞台も増えてきます。卒業式や入学式などのフォーマルシーンはもちろん、 学校行事や習い事の発表会など「ちょっとおしゃれな装い」が必要な場面まで 真珠は幅広く活躍してくれます。
 

●悲しみの席で

お葬式や法事など、悲しみの席での装飾品は、結婚指輪以外では「涙の象徴」とも言われる真珠ネックレスの着用率が非常に高いです。同席の方と並んだ時に差 が出てしまい、恥ずかしい思いをした方も多いようです。急な参列の際にも困らないようにひとつは持っていたいアイテムです。